高評価のバイナリーオプション業者!

国内BOと海外BOの違い

国内BOと海外BOの違い

国内BOと海外BOの違い

バイナリは国内と海外に業者がある

バイナリーオプション業者をネットで探してみると、とてもたくさんの取り扱い業者がヒットするのでどこに口座を開設すれば良いのかすごく迷いますよね。業者選びの考え方でまず一番初めに気をつけなければならないのは、「国内業者は選ばないようにする」という点です。バイナリーオプションには海外に拠点を置く企業がサービスを提供しているいわゆる「海外業者」と、日本国内に拠点を置く業者がサービスを行う「国内業者」の二種類があるんです。何も考えずに口座を開こうとしてしまうと、多くの人が国内業者の方を選択してしまいがちなのですが、実は国内業者の提供するバイナリーオプションは非常に使い勝手が悪く、トレーダーがからの不満が後を耐えないのです。

国内と海外の法整備

国内業者は金融先物取引法という日本の法律に縛られながら運営を行っていますので、かなり規制が厳しく、海外業者では当たり前となっている多くのサービスを受けることができません。例えば30秒や60秒で一回のトレードの決着がつく「短期取引」も国内の業者では実施されていないのです。

国内と海外の取引環境と仕組み

国内業者では一日の勝敗決定回数はだいたい10回程度。2時間に1度程度しかありませんから、トレードのチャンスがほとんどありません。一度相場の流れを掴んでも細かく回転させることができないため、一回の取引にかなり大きな金額を投入しなければならず、リスクも高くなってしまうのです。海外業者のように短期取引が使えればチャンスがやって来た時だけ細かく回転売買を行うことで一回の投入金額は低く抑えられるのですが、これでは非常に使い勝手が悪いですよね。

また、国内業者の場合は口座を開設するだけでも一苦労で、事前にバイナリーオプションに関する知識試験に合格しなければならず、また手続きも数日掛かってしまうため「始めよう」と思ったその日にトレーダーデビューするという海外業者なら当たり前の事がちっとも出来ないのです。全く融通がきかないのでイライラしてしまいますね。

国内で大きく稼ぐには厳しい規制

法律の問題なので仕方ないと言ってしまえばそれまでなのですが、現状では少なくとも国内のバイナリーオプション業者は使い物になりません。取引種類も少ないですし、ほとんどまともに儲けることはできないでしょう。今後、日本でも法改正が行われることを期待しつつ、現状では海外バイナリーオプション業者を使ってガンガン稼いでおいた方が賢いと言えるでしょうね。

copyright(C)高評価のバイナリーオプション業者!