高評価のバイナリーオプション業者!

取引ルールごとに見る

取引ルールごとに見る

取引ルールごとに見るバイナリーの取引

ハイロー取引以外の利益の出し方

バイナリーオプションには複数の取引ルールがあり基本的にはハイローでやっていきますがトレーダーによっては他の取引ルールを利用することを考える人もいるでしょう。実際に他の取引ルールも活用すればハイローだけを利用するよりも効率よく利益を出すことができるため無駄にはなりません。しかしハイローとは違う取引内容になるためそれに応じた攻略をする必要が出てくるのです。

■ワンタッチ取引

ワンタッチは長い取引時間の間にレートが指定されたラインを超えるかどうかを予想するものであり取引時間が長い分ペイアウト倍率もハイローの何十倍もあります。そのため予想が当たればハイローの何十回の取引分の利益を一度で得ることができるのです。しかしペイアウト倍率が高いということはその分予想を的中させるのも簡単ではなく指定されたラインも超えるのが難しい絶妙な設定にされることもあるため、その長い取引時間の間に超えるかどうかを分析しなければいけません。

投資であるため相場の流れを分析して超えるかどうかを分析するのはもちろんですがワンタッチの場合は何よりも政治や経済といった外部からの情報による影響がポイントになります。実際に大きな動きが出てくるのはこうした外部からの情報でありそれで激しい変動が起これば指定されたラインに到達する可能性も高くなるからです。こうした経済や政治の情報で相場の流れを分析するのはファンダメンタル分析といいますが、ワンタッチはそのファンダメンタル分析をして超えるような情報があるかどうかを判断しましょう

■レンジ取引

レンジは取引時間が終わるまでに指定された範囲を超えないかどうかを予想する取引ルールでワンタッチ程ではありませんがこちらもハイローよりペイアウト倍率が高いです。超えないかどうかを予想することになるため利用するタイミングは必然的に相場の流れが偏っていないトレンドではないこの取引ルール通りの名称であるレンジ相場の時となります。

レンジ相場であるかどうかはトレンド相場であるかどうかを分析できれば必然的に理解することができるためトレンド相場かどうかを確認してトレンドでないと判断できればこのレンジを利用するといいでしょう。しかしレンジと一言で称してもどれくらいの範囲で推移するかは分からずレンジであっても平気で指定された範囲を超える場合もあるため、トレンドでないかどうかの次はレンジであってもどの範囲で推移しているかどうかを分析するようにしましょう。どちらも利用できる場面は限られているため利用できるかどうかを判断できることが一番のポイントになるのです。

copyright(C)高評価のバイナリーオプション業者!